駅前文化センターをつくる会


駅前文化センターイメージ

「駅前文化センターをつくる会」とは

「駅前文化センターをつくる会」は、千葉ニュータウン中央駅前に、市民文化やコミュニティの拠点となる文化センター、子どもたちが安心して自由に遊べる子ども広場などの総合公共施設の建設を求めて立ち上がった市民の会です。
(現在「change.org」にて、この活動に関する署名活動を行っています。ご賛同いただける方はまずこちらをクリックして「署名サイトご利用上の注意点」をご覧になった上で署名サイトにお進みください。)
千葉ニュータウン中央駅近辺に住む市民、芸術文化関係の方々と有志の市議会議員が協力して活動しています。

私たちが要望している「総合文化センター」

住み良さ日本一の印西市。その顔である千葉ニュータウン中央駅の南口の現状を皆さんはどのように感じているでしょうか。洒落た喫茶店の一つもない、つい立ち寄りたくなる素敵な商業施設も少ない、図書館などの文化的な施設もない。

私たちはこんな駅前の状況を何とかしたい!と考えました。
私たちは以下の施設を要望しています。

●1300席程度の大ホールと200席程度の小ホールをもった芸術文化ホール
●住民が集いやすらげる喫茶コーナー付きの図書館
●子どもたちが自由に遊べる屋内子ども広場、屋上緑化を利用し、泥んこ遊びもできる屋外子ども広場
●多世代 他分野の学びが提供され、コミュニティの拠点ともなる市民ギャラリー、生涯学習施設
●非常時に防災拠点となり、防災啓発学習もできる防災センター
※上記は当会の要望であり、状況によって変更になる可能性もあります。

文化ホールについて

文化ホールイメージ

文化ホールについて、印西市と同規模の人口を持つ他の自治体と比較してみると、貧弱な状況であることがわかりました。

人口が約10万人規模の33の都市を調べたところ、その平均が約1212席の文化ホールを持っているのに対して、印西市はその半分以下の522席の文化ホールしか持っておりません。
>>詳細データはこちら(PDFファイルが開きます)

また印西市の場合、文化ホールへのアクセスは容易とはとても言い難い場所にあります。

図書館について

図書館イメージ

図書館についても、特に千葉ニュータウン中央駅圏は日本図書館協会が掲げる水準に遠く達していないことがわかりました。
小倉台図書館と印旛図書館の床面積は、日本図書館協会の基準の「半分」しかありません。 圏域の人口が増えているからです。

床面積が小さいと蔵書数にも影響してきます。
市民一人あたりの蔵書数で比較しても、大森図書館13.11冊に比較して、小倉台図書館は3.77冊であり、大きく差が出ています。
>>詳細データはこちら(PDFファイルが開きます)
文化的な充実は、まずは施設の充実です。

防災センターについて

防災センターの整備も急がれる点のひとつです。
中央駅前はハザードマップで確認しても印西市で最も安全な地域です。
印西市のハザードマップによれば、市役所・松山下公園共に、市の中で最も揺れ易い地域にあります。
市役所は液状化、松山下公園は洪水・土砂災害の可能性が高い地域であり、いざという時にはそれらの施設が災害対策本部、物資の配給物の集積場としてふさわしいか疑問が残ります。

更にそれらの施設につながる幹線道路も液状化や土砂災害で不通になる危険性があります。
中央駅中心に印西市の約40%の人口集中があり、いざという場合には、市の災害対策本部と連携してニュータウン地域の防災情報発信拠点として活用したいと考えています(屋上ソーラー発電による防災行政無線設備と対策室の設置)。

また駅前一次避難所としての役割(小倉台小の収容キャパ300人では不足)とともに、一時避難者を想定した市の防災倉庫の設置を考えています(駅南地域には市の防災倉庫がないため)。

「駅前立地」にこだわりたい

大規模な文化ホールというと、駅から遠く離れた場所で、バスに乗り換えないと行けない、車でないと不便というイメージがあると思います。
大規模なホールは広大な土地を必要とするので、地価の高い駅前につくられる例は少ないのです。

しかし、千葉ニュータウン中央駅南口には駅のロータリーに面し、総合文化センターの建設が可能な用地が残っています。
また、この場所は人口が急増しているエリアの中心に位置しており、360度からのアクセスが可能であるため、市民にとって非常に利用しやすい土地であるのも大きな利点です。

印西市には市役所の隣に500席の文化ホールがありますが、あくまでも「市民利用」の規模のホールです。
私たちが要望するホールは「市外からも人が呼べるホール」です。

現在の印西市の発展は、国道464号沿線の大型商業施設への集客が原動力になっていることを否定する人はいないと思います。
「他所から人が呼べる」施設がいかに地域の発展に貢献するかわかります。
「他所から人を呼ぶ」には、交通が便利なことがもっとも重要です。
車をつかわない社会をつくっていく観点からも、駅至近で、人が集まる催しができる規模のホールはたいへん価値のあるものです。

千葉県北西部には、駅至近の大規模ホールは皆無なのです。
造るなら価値あるものを! それが私たちの要望です。
ご賛同いただける方は、まずこちらをクリックして「署名サイトご利用上の注意点」をご覧になった上で署名サイトにお進みください。
なお、紙でのご署名を希望される方は、以下のPDFファイルをダウンロードして印刷し、FAX等で送信して頂くことも可能です。
(FAXの宛先等の詳細については、用紙の内容をご確認ください)
>>署名に関する要領(説明)PDFのダウンロード
>>署名用紙PDFのダウンロード

PAGE TOP